もう迷わない|ベイザーで自信に満ちた体にチェンジ

医者

体形と施術後のこと

胸

体形に合わせる

カップを大きくしたり、全体的に形を整えることができる豊胸術は女性からの需要がとても高いです。体形や体の負担の軽減などの観点から、新しい方法がどんどん登場しています。その中でも、メスを入れずに注射やカニューレでサイズを大きくする方法は、プチ豊胸と呼ばれています。治療法によってはダウンタイムがほとんどないですし、日帰りで済むのでより豊胸が身近になりました。自分の脂肪を使うタイプだと、自然な柔らかさが出るものの、ある程度脂肪があることが施術の条件です。痩せ気味の人の場合は、体形を問わないヒアルロン酸やアクアフィリングがいいでしょう。人工乳腺でも、体形に合わせて挿入箇所を変えて、違和感を出さないようにしています。

検診は受けてもいいのか

女性が罹患するがんの中でも、罹患率が高いのが乳がんです。豊胸術に使われる人工乳腺や薬剤は、がんの罹患率を高めることはありません。しかし、豊胸術をした後に検診を受けることができるか不安な人もいることでしょう。人工乳腺の場合だと、エコーはいいけれどマンモグラフィーは避けた方がいいとよく言われます。しかし、マンモグラフィーはある程度の圧力がかかると止まるシステムになっています。だから、実際は人工乳腺のバッグが破裂するということは滅多にありません。一方、プチ豊胸の場合ですが、ヒアルロン酸も脂肪注入も問題ないとされています。脂肪注入の場合は、しこりや石灰化の可能性が低いピュアグラフト法などにしておくといいでしょう。