もう迷わない|ベイザーで自信に満ちた体にチェンジ

医者

若さと健康を表現する表情

ウーマン

注入するだけだから安心

紙を折ると跡が残り続けるように、眉間のしわは表情の折り目でもあります。特に眉間はネガティブな感情の眉をひそめるという表情で使うため、どうしてもしわが付きやすくなる部分です。つまり、本人は平常な状態であっても他人からは不機嫌に見られてしまう可能性がありますので、早めに対策を打つことが望ましいといえます。マッサージや保湿などしわ対策の取り組みは可能ですが、加齢のように避けられない状況もあると理解しておくと良いでしょう。そういった場合に活用されているのが美容整形で、細胞増殖因子の注入と特殊な技術で良い作用をもたらすボツリヌス菌の注入で改善が可能です。施術時間が短いうえにメスを入れませんので、手術を避けたいという人にも適しています。

効果をキープさせるために

人間の顔は感情を常に表現しているため、不機嫌な状態が続いているとしわになった部分がそのままの状態で残ります。そこで皮膚を平坦にするのが細胞増殖因子の注入ですので、感情的になりやすくなっていないか見直してみるのも、施術効果を高めるひとつの手段です。菌の注入は眉間の筋肉を萎縮させる効果が得られ、お肌の平坦な状態を持続させます。つまり、細胞増殖因子と菌の注入を併用することで、しわのない状態がキープできるということです。効果は約1年ほど持続するといわれているため、定期的に施術を受けると再び眉間にしわが付く心配は少なくなります。また、視力が悪い場合も目を細めるクセが付いてしまいますので、視力の矯正は欠かさないようにしましょう。